医療関係の職場に就く場合は、条件を確認することが必要です

経験者優遇の求人募集に応募する方法

条件に合った場所

都内で歯科衛生士の職に就いていると毎日満員電車での通勤をしなければなりません。自分にとって楽な通勤が出来る求人情報を探すと毎日苦労することもないです。また都内に比べると残業も少ない傾向にあります。

サポートをしてくれる

人気のある仕事の一つといえる看護師ですが、毎年求人情報も多く掲載されています。仕事を変えたいときは現職をしながら転職活動をするため効率的に進められません。転職についてサポートしてくれる業者なら安心できます。

重要性のある資格

高齢者が増加している近年では、注目される職業として理学療法士があります。この資格取得者はまだ少ない為、多くの求人が出されており、需要の高いものとなりつつあるのです。

助手と衛生士

業務内容と歯科助手の違い

歯科衛生士とは歯科助手と違い、国家資格である。患者に対して、歯科予防処置を行ったりする。歯科医に見せる前の歯や歯肉の状態の点検や歯石を取ったり、虫歯予防のために歯に薬を塗ったりする。保育所・幼稚園・小学校などで歯磨きの方法を指導したりもする。最近では老人ホームでの活動もあり、多岐に渡っている。歯科衛生士にとって本業となるのが歯科医のパートナーとしての助手業務である。医療業務が行えない歯科助手と違い、患者の口の中を直接接触出来る歯科衛生士がサポートする。一方、歯科助手は国家資格ではなく、受付事務や診療のための雑務を担当する。歯科医療の現場では歯科衛生士が不足しており、歯科助手が穴を埋めていると言われている。しかし、求人面や待遇面で大きな差があり、歯科助手から転学する学生もいる。求人は歯科医院や保健所など様々だが、圧倒的多数は一般歯科の求人が多数である。また、国家資格のため結婚や出産で一時離職しても再就職に有利である。健康志向の高まりとともに歯・口腔の健康づくりの影響もあり、求人状況は高まる傾向にある。

歯科衛生士の求人状況は

歯科医院の場合のみで考えても、歯科医や歯科衛生士が複数いる大きなクリニックもあれば、一人の歯科医と一人の歯科衛生士しかいない小さな医院も存在ある。待遇に関しては各歯科医院によって異なる。単純に規模が大きれば給料や待遇が良いというわけではないのである。基本的に歯科衛生士の給料はキャリアと能力によってアップするため、勤務年数が増えれば昇給も望める。だが、職場によってはその額としては微々たるものだったり、頭打ちになる場合もある。正社員フルタイムであれば、収入は安定するが給料が上がり続けるというわけでもないというケースもある。このような事情もあり、一つの歯科医院に勤めず、フリーで複数の歯科医院の勤務を掛け持ちする人もいる。待遇面でも歯科医院によってだいぶ差があり、小さな個人医院だと国民健康保険の加入を求められることもある。給料面、待遇面で就職を決める際には入念な確認が必要である。